★トレンドアフィリ ロングセラー下克上∞(MUGEN)

大幅バージョンアップ完了!アフィリサイト作成システムSIRIUS

150万かけたソフトも、キャッシュポイントがなければタダのゴミ

BILLION MAX(ビリオン・マックス)って、知ってますか?

 

開発費150万かけて作ったとか言う、例の『自動記事生成ソフト』です。

 

★BILLION MAX 悪魔の自動記事生成ソフト

 

ひゃ、ひゃくごじゅうまん???

 

そんな風にビックリされる方は、もしかしてこの開発費を、とても高いものだと思っていらっしゃるんじゃあ?

 

いえいえ、150万円の開発費って、ソフトウエアの世界ではもう、ちょ〜格安の開発費。

 

というのもソフトウエアというのは、みんな手作りだから、全部人件費なんです。

 

プログラマを1人、1ヶ月(約20日程度)雇うのにかかる費用のことを、<人月・にんげつ>というのですが、優秀なプログラマがwebアプリを開発するのにかかる費用は、人月で80万円くらい。

 

小さな零細開発ハウスでも、50万円はかかるでしょう。

 

だから150万円というのは、3人月。つまりプログラマを1人、3ヶ月くらい雇った程度の開発費なんです。

 

このくらいの開発費だと、ビックリするようなモノはできません。

 

なにせ打ち合わせに1ヶ月、開発に1ヶ月、テストや作り直しに1ヶ月だから、元のアイディアにも寄るけど、そんなに複雑なモノはできません。

 

だから、開発されたモノがただの、「文章をランダムに並び替えてくれるツール」だったとしても、仕方がない。

 

「自然な文章が出てきます」とは言っても、元の記事を自然な文章で用意しないと、やっぱり変な記事ができあがる。


念のため、元にする記事も買ってみて、記事を作ってみたけど

 

たしかに自然な文章にはなっているけど、これって入れる記事の作り方のノウハウのおかげやよなあ…

 

ブログを水増しするのにはいいツールかも知れないけど、こんな記事にアド○ンスは貼れないね…

 

なんてったって、自然な文章だけど、似たり寄ったりの記事が1000も2000もできてくるんだから。

 

理論上は、元記事を10通り作ったら、10の12乗通り記事ができあがるわけだから、1兆通り作れるんだけど、似たような記事が1兆ページあるサイトって、意味ある?

 

こんなサイトにアド○ンス貼ったら、問答無用でアカウント停止ってことも、じゅうぶんある。

 

ちなみに添付の使い方にも、アド○ンスは避けた方が無難…て書いてありました。

 

んじゃ、どうやって稼ぐんだよお!

 

キャッシュポイントが見えんがな…

 

稼ぎ方がイメージできないから、タダでくれると言ってもねえ。

 

せいぜい、5コくらいのブログに2記事ずつ差し込んで、サテライトブログのページ数でも増やすか。

 

投稿日:2007年5月 7日

 

追伸と解説

この当時は、とにかくサイトやページを量産して、物量でアクセスを獲得するという手法が流行っていました。

 

そのために、記事を量産する必要があるわけですが、そんなにたくさん記事を書くなんて、常人には出来ません。

 

そこで人間に変わって、記事を自動生成するツールがたくさん開発されました。

 

シソーラス(類似語)を使って、一つの記事から5つ6つのパターンで記事を作成して、それをドンドン、ネット上に挙げていったわけです。

 

その一方で、記事を作って売るビジネスもあり、元記事を買って、それを自動生成ツールを使って5倍に増やして、サイトを量産したりしている人たちも居ました。

 

私も、色々学んだことを整理して、2つ3つサイトを作りますが、これはあくまでも切り口を変えてサイトを作ったりしていますが、こういう似たり寄ったりのサイトは、Googleから嫌われるようで、最近ホントに見なくなりましたね。

 

検索結果の1位と2位と3位の内容が殆ど同じ、なんてことも以前はよくあったんですが。

広告

このエントリーをはてなブックマークに追加

★トレンドアフィリ ロングセラー【下克上∞(MUGEN)】

大幅バージョンアップ完了!アフィリサイト作成システムSIRIUS

★稼げるアフィリエイター専用SEO分析ツール「COMPASS」

★SEOに強い戦略的テンプレート「賢威7」

アフィリエイト教材 最新人気ランキング