★トレンドアフィリ ロングセラー下克上∞(MUGEN)

大幅バージョンアップ完了!アフィリサイト作成システムSIRIUS

税込み価格で表示したい!

ドロップシッピングを始めよう! と、ショップを作り始めたのはいいけれど、商品の価格に手こずっている。

 

というのも、RM(リアル・マーケット)DSも、もしもDSも、価格の設定は本体価格でしかできないのだ。

 

ところが商品を売る場合、法律では、税込み価格で表示しなければならないことになっている。

 

そうすると、本体価格を1980円に設定すると、2079円になってしまう。

 

2079円って、これってちょっと、食指の伸びない価格だ。

 

だから、税込み価格で商品の値段を設定したいのだが、DS各社とも、その機能がついていない。

 

そのおかげで、商品の登録が頓挫していた。何せ一々計算するのは面倒な話だから。

 

仕方がないから、今日は、設定価格表をエクセルシートで作ってみた。

 

で、作っているウチに気づいたのだが、設定したい価格というのは、無数にある。

 

98円とか、99円とか、980円とか、990円とか

 

ドンキホーテなどへ行くと、平気で1999円とか付けている。

 

結局、10円刻みとか、100円刻みとか、1000円刻みとか、何種類もシートを作る羽目になってしまった。

 

まあでもしかし、ほとんどの場合は、

 

(付けたい税込み価格) ÷ (1.05) +1 =(設定価格)

 

でいいようやね。

 

さあ、商品をドンドン登録しよう!


 

値段の決め方、難しい…

税込み価格計算シート&換算表が用意できたので、もしもDSで商品の価格設定を始めた。

 

RMDSの場合は、最初に参考価格が入っているので、価格を修正するだけでいいのだが、「もしも」の場合は、全部自分で値段を決めて入れねばならない。

 

んーでも、難しいなこれ。

 

商品によって、定価と卸値の差が無茶苦茶大きかったり、10%くらいしか差がなかったり。

 

あるいは定価が設定されてなかったり。

 

1万円以上のモノが売れても、千円しかマージンがない場合なんかもあって、これってもう値崩れ防止の卸値なんやろうね。

 

特定の契約店のみに安く卸して、あとは値崩れを防ぐような値段でしか卸さない。そんな感じ。

 

逆に、卸値が定価に比べてえらく安いモノなどは、一体いくらで売ればいいのか、考えてしまう。

 

仕方がないから、自分だったらこの値段で買うな…という値段を付けてみるが、貧乏人の値付けだと儲けが無くなってしまう。

 

この辺は、アフィリエイトとは違って、思案のしどころ。

 

にしても、慣れるまで、相当時間がかかりそうやね。

 

追伸

 

 税込み価格計算表は、表よりエクセルに直接、希望税込み価格を打ち込むのが、使いでがいいな。
 苦労して表を作っては見たんやが…

 

投稿日:2006年11月13日

広告

このエントリーをはてなブックマークに追加

★トレンドアフィリ ロングセラー【下克上∞(MUGEN)】

大幅バージョンアップ完了!アフィリサイト作成システムSIRIUS

★稼げるアフィリエイター専用SEO分析ツール「COMPASS」

★SEOに強い戦略的テンプレート「賢威7」

アフィリエイト教材 最新人気ランキング