★トレンドアフィリ ロングセラー下克上∞(MUGEN)

大幅バージョンアップ完了!アフィリサイト作成システムSIRIUS

無料プレゼント、無料サービスの目的

 

あなたのメールボックスに1万9800円で売っていたダンKenedyの教材を無料でプレゼント!…というセールスメールが、何通も届いていると思います。

 

もうすでに申し込んだ人も、何人かいらっしゃると思いますが、興味本位で申し込むと、痛い目に遭うことがあるので、気をつけてください。

 

もちろん、無料プレゼントをもらうなと言うわけではありません。

 

無料で何かをプレゼントしたり、無料で何かのサービスを体験できたり、こういうのは、インターネット上のみならず、巷でよくあるプロモーション(販売促進)のやり方です。

 

だから、その無料プレゼントは、何の目的で行われているか、それをハッキリ認識してから受け取らないと、あとで何千円も何万円も、請求されたりするからです。

 

たとえばスーパーの店頭で、試食キャンペーンをやってますよね。

 

あれは商品名と、実際の商品を認知してもらう目的です。

 

駅前で、ポケットティッシュ入りのチラシを配ったり、試供品を配るなんて言うのもありますが、あれもチラシを受け取ってもらったり、商品の存在を、広く一般の人に知らせるためのプレゼントです。

 

一方、学習塾やエステサロン、マッサージ店などでは、無料体験やお試しコースなどで、無料サービスを実施していますね。

 

これはもちろん、そのサービスを買ってくれるかもしれない<見込み客>を集めているわけです。


 

学習塾やエステサロンというのは、どういうサービスを提供しているか外部からは見えにくいモノなので、そうやって実際に来店してもらって、体験してもらうわけですね。

 

お店側としては、体験後、その塾やエステサロンの会員になってもらうとありがたいわけですが、たとえそのとき入会してもらえなくても、構いません。

 

というのも、そこにそういうお店やサービスがあるのだということを認知してもらえるだけでも、大きなメリットがあるからです。

 

なぜなら、口コミというのは地域社会では重要な情報で、たとえ悪口であっても、情報を探している人にとっては有益な情報なんですね。

 

もちろん、そういう体験にこられるお客さんというのは、積極的・能動的に、お店やサービスを探していらっしゃるので、かなりの高確率でお客さんになってもらえますが。

 

 

なので無料プレゼントをして『見込み客』を集めるというのは、よくある方法なんですが、最近のネット上の集客方法というのは、数年前とかなり様相が変わってきています。

 

 

以前は、無料レポート → 情報商材購入、というのが一般的でした。

 

無料レポートを配って、続きは本商材で、と言う形で、e-bookを売って売り上げにしていたわけです。

 

ところが最近は、以前なら有料で販売していたレベルのモノを
無料で配って、会員サービスに加入してもらおうという流れです。

 

 

たとえば、今回の『ベスト・オブ・ダンKenedy』の場合も、キャッシュポイントは、会員サービスですね。

 

無料プレゼント
 → ビジネスレター購読お試し
 → セミナー参加

 

という流れですね。

 

公開日:2009年02月 26日

 

解説

2000年代の前半は、ネット販売と言っても、ノウハウ自体やツールがメインの売り物でしたが、この頃はもう、物販よりも、会員サービスに重点が移ってますね。

 

物販やツールは、売ってしまえばそれ以上の売上げは見込めません。

 

またデジタル商材は、いくらでもコピーできてしまうので、価格低減が激しい。

 

そのため、有料会員を増やすために、以前、数万円で売っていた商材を、タダや格安の値段で売り出して、会員を集めようということですね。

 

 

 

広告

このエントリーをはてなブックマークに追加

★トレンドアフィリ ロングセラー【下克上∞(MUGEN)】

大幅バージョンアップ完了!アフィリサイト作成システムSIRIUS

★稼げるアフィリエイター専用SEO分析ツール「COMPASS」

★SEOに強い戦略的テンプレート「賢威7」

アフィリエイト教材 最新人気ランキング