★トレンドアフィリ ロングセラー下克上∞(MUGEN)

大幅バージョンアップ完了!アフィリサイト作成システムSIRIUS

ペラサイトか、作り込みサイトか

サイトアフィリをする場合、記事を量産する手法と、ペラサイトを量産する手法というのがあります。

 

記事を量産する手法というのは、一つのテーマに沿って、関係のある記事をドンドン追加していくという手法で、サイトの数ではなくページ数を増やすという方法です。

 

この場合、普通の人が検索しそうなキーワードの組み合わせを調べて、「◎◎ 入門」「◎◎ リスク」「◎◎ クチコミ」「◎◎ 副作用」なんていう風にページを作っていきます。

 

そういう形で集客して、紹介したい商品のサイトに誘導するわけです。

 

大まかに言うと、アクセスを集めるページを数ページ作り、商品を紹介するページに誘導するというやり方ですね。

 

一方、ペラサイトを量産する手法というのは、1ページに全ての情報を放り込むやり方で、言ってみればWikipediaみたいな感じのページを作る手法です。

 

現在(2018)の主流はペラサイトのようで、Googleで検索すると、たいてい目次が付いたページが上位表示されています。


ペラサイトがなぜ上位表示されるのか?

 

一説には、ペラサイトは、1ページに全ての情報を盛り込むために、余計な情報がなく、純粋に検索者のニーズに合っていると判断されているからだと言われています。

 

サイトを量産する手法では、必要な情報が数ページに分散してしまうので、検索者のニーズに合わないと判断されているからかもしれません。

 

そういうペラサイトを、いくつか組み合わせて作られているサイトが、現在は検索結果の上位に表示されています。

 

どのリンクをクリックしても、ペラサイトの作りで、一番下には商品が紹介されているという形。

 

昔の情報商材のセールスページの作りに似ていますが、とにかく非常に縦長のサイト。

 

形としては、ページの上の方は、一般的な情報提供の形ですが、実はモロにセールスページです。

 

Google検索は、検索結果の上に出す広告で稼ぐビジネスモデルです。

 

だから商品を売るためだけのページは、これまであまり上位表示させられなかった。

 

なのでなぜこういうタイプのページが上位表示されているのかは、ちょっと謎です。

 

でも、実際上位表示されてるから、これがG様の指針に叶ったサイトなんでしょうね。

 

 

 

広告

このエントリーをはてなブックマークに追加

★トレンドアフィリ ロングセラー【下克上∞(MUGEN)】

大幅バージョンアップ完了!アフィリサイト作成システムSIRIUS

★稼げるアフィリエイター専用SEO分析ツール「COMPASS」

★SEOに強い戦略的テンプレート「賢威7」

アフィリエイト教材 最新人気ランキング