★トレンドアフィリ ロングセラー下克上∞(MUGEN)

大幅バージョンアップ完了!アフィリサイト作成システムSIRIUS

時代はhtmlサイト?!

『もしもドロップシッピング』は、ドロップシッピングと言っても、販売責任や問い合わせに関しては『もしも』が負う形なので非常にアフィリエイトに近い形です。

 

ただしあくまでもドロップシッピングですから、販売サイト(ショップサイト)は、自分で構築しなければならないと言うことです。

 

アフィリエイトなら、売りたい商品の紹介記事だけ書いて、あとはイージーアフィリかなんかのツールでリンクを作って、貼っておけばいいわけですが、ドロップシッピングでは、サイト自体を作る必要があります。

 

これって結構面倒なんですね。

 

そこで『もしもドロップシッピング』では、これまでも、いろんな機能を提供してきました。

 

たとえば、商品書き出しリンク。これは、商品画像と商品リンクを一体化したhtmlコードを書き出してくれるものです。

 

それから「リンクペタろう君」といって、サイトがあらかじめ作ってあって、それに簡単にリンクできるようにした仕組みもありました。

 

ここへアクセスを流せば、多少は売れる仕組みです。

 

ただし実際には、これは売れませんでした。

 

というのもネットで商品を売るには、ピンポイントで商品紹介をしないと、なかなか売れないんですけどね(^o^)

 

で、今度は『売れるページができすぎくん』です。

 

これはどういうものかというと、販売する商品を選んで、商品の右側の『できすぎ君でページ作成』というボタンをクリックすると、商品販売用のページをhtml形式ですぐに作れると言うものです。

 

これをwindowsのメモ帳とか、他のエディタで編集してhtmlファイルを作り、それをFC2のホームページにアップロードして、オーバチュアで広告を打って集客して売りませんか?…という仕組みです。

 


 

ブログではなく、ホームページ!というところが、最近のトレンドのようですね。

 

ヤフーはもう明らかに、ブログのページを峻別して扱っているらしく、シーサーブログや、さくらブログでは、アクセスが稼げなくなって来ました。

 

つまりブログを利用したセールスページは、集客力が弱くなったってことです。

 

それからグーグルは、昨年後半に、リダイレクトと言う仕組みででできた動的サイトを、インデックスから外すようになったので、ドロップシッピング会社の提供している販売サイトの仕組みだと、やっぱり弱い。

 

そういうわけで、商品販売用の1ページのベタベージを、作れる仕組みを新たに作れるようにしたわけです。

 

で、さっそく作ってみました。

 

使ってみたところ、デザインはちょっと、しょぼいですね。しょぼいと言うより、ベタなデザイン。

 

ただし、画像は2〜4の内から選べるし、htmlのベタページだから、好きなところに書き込めるのが、有り難いですね。

 

まだ新しくリリースされたばかりの機能ですから、しばらくしたらもう少しデザインを変更できるようになると期待して、サイトを作ってみます。

 

今、いろいろまた『もしも』を見ていると、ロデオボーイ2や、エアロビガールもドロップシッピングで、扱えるようになったようですね。

 

ただし卸売価格が高いので、推奨価格でのマージンは8%くらいです。

 

ページを作ってみました。エアロビガール。価格は\24,800-に設定。

 

ロデオボーイ2は、もう旬を過ぎてお買い得価格ですけど、推奨価格では数百円しか利益が出ないので、\19,800-にしてみました。

 

確かにかなり簡単ですね。

 

投稿日:2008年2月21日

 

追伸と解説

この頃は、ブログが全盛の時代で、アフィリエイトもブログでやるべしと言う感じでした。

 

ところが静的なサイトの方がSEO上、有利なのではないかと言うことで、静的なHTMLを出す仕組みが作られたようです。

 

ただし静的なHTMLだと、商品の入手可能性や価格設定をこまめにチェックしないといけないので、手間がかかります。

 

なので私はもう早々に諦めてしまいましたが、もしもドロップシッピングは、現在も稼働中ですね。

 

もしもドロップシッピング

広告

このエントリーをはてなブックマークに追加

★トレンドアフィリ ロングセラー【下克上∞(MUGEN)】

大幅バージョンアップ完了!アフィリサイト作成システムSIRIUS

★稼げるアフィリエイター専用SEO分析ツール「COMPASS」

★SEOに強い戦略的テンプレート「賢威7」

アフィリエイト教材 最新人気ランキング